ブログを書くときにかかるお金と投資

以下の記事で、ネットでお金を得て生活費を節約したり副収入を得る方法があるよ、ということをお伝えしました。

われわれは時間に縛られてるから、ネットで稼ぐ方法を知るべき。

ネットで情報を発信するための文章の書き方とは。

そこで、とくにブログを始めるのに必要な費用について、何にどれだけのお金を使うことになるのか書いてみます。

節約と投資はけっこう関係してることなので、お金の使い方・節約のし方という面から考えてみようかと。

基本は使うべきところにはちょっと高くても投資する、という方針が王道になります。一時のものの値段ではなく、長期的にみてお得かどうかで選択するのが理にかなうからです。

書くことに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ブログを作るのにかかる費用

無料ブログと有料ブログ

まずネットの世界には無料ブログとお金を払ってブログをもつ有料ブログがあります。

  • 無料ブログ:ブログを貸してくれるサービスを運営してる会社(サイト)に登録して、レンタルしたブログを書く方法です。
  • 有料ブログ:上記のサービスを利用せずに、自分でお金を払ってブログに必要な環境をととのえ、ブログを書く方法です。

この2つを見比べると断然、無料ブログのほうがお得に見えます。

FC2やアメブロ、はてなといったサイトで無料でブログを貸してくれます。

私もさいしょは無料のブログを書いていたことがあります。何となく人と趣味や好きなことを共有するのは楽しそうですし、日記の代わりに使用できる便利さもあったからです。

完全に趣味でやってただけなので、無料でも問題はありません。

でも、そもそもなんで、こうしたブログのレンタル会社はただで我々にサービスを貸してくれるんでしょう?

彼らは慈善家なのでしょうか?

無料ブログのからくり

当然、慈善事業でやってるわけじゃないんですね。

コンピューターを使ってプログラマーも雇って、サービスを運営してますからね。

ブログに広告を入れて、そこから収入を得てるんですよ。多くのブロガーが記事を書いて、それを読みにくる人がついでに広告を見て、商品を認知したり購入したりする仕組み。

メディアなのです、ブログは。

テレビの番組でCMを挟むように、ブログにも広告を挟むことで、宣伝効果が生まれます。つまり、ブログを貸してくれる業者は、企業の商品を広告してあげることで、お金を稼いでることになるのです。

ただ、テレビの番組に相当するブログ記事を書くのは、各々のブロガーということになります。

この際、広告によって得た収入はブロガーにはくれません。全てレンタル会社が吸い上げていきます。

ブロガーはただでブログを貸してもらう代わりに、その業者に得になる記事コンテンツを日々書きつづけるのです。

ブログに多くの読者が集まると書き手はうれしいものですが、もっと喜んでいるのはブログのレンタル会社なわけです。それだけ、自社のサービスの宣伝効果が高まるからですね。

無料ブログには商品の広告が入ります。それは、自分のブログがもつメディアとしての価値を、他人にゆずり渡してることです。

無料ブログはさいしょはお得に感じるでしょうが、長期的には自分に利益をもたらしてくれないってわけです。

では、有料のブログならお得なのでしょうか?

有料ブログを使うこと

結論からいって、お得です。

そもそも、有料のブログを用いることは、無料でブログを借りるのとは意味がまるで違います。

・無料ブログは言ってみれば、レンタル業者のために記事執筆を代行すること。つまり、下請けです。

・有料ブログは、自分が所有してるメディアです。なので、記事ライターを雇って書いてもらうのも自由ですよ。その場合、自分が依頼主になります。

有料ブログにも広告を貼ることができます。その広告の所有権は、ブログのもち主である自分です。つまり、広告によって得られた収入も全て自分のものです。

レンタル業者に吸い取られていた収益が、自分のものになるのです。

ただし、この場合リスクもまた自分にふりかかることを、注意しなければならないでしょう。

有料のブログをもつのにかけた費用よりも多くの収入を得られなければ、結果として損することになってしまうからです。

無料ブログなら自分が損をすることはないです。ブログは自分のものではないので、それを維持するのにかかる費用も自分が払わなくてよいからです。

有料のブログには費用がかかりますので、そこは節約をするなりして調整することになりますね。

では、具体的に有料のブログではどれくらいの費用が必要なのでしょう?

ざっくり見積もってみましょう。

有料のブログにかかる費用

有料のブログの費用

ネット環境をもつのにかかるお金(通信費)は、ここでは考えないことにします。(この費用もなるべく抑えたほうがよいのは言うまでもありません。)

ワードプレスの場合

  • ドメイン代:初年度1000~1200円+1480円/年
  • サーバー代:250~1000円/月

(必要であれば)

  • 有料のテーマの費用:1万円くらい
  • ブログの教材やサポート代:2万円~

はてなブログproの場合

  • ドメイン代:初年度1000~1200円+1480円/年
  • はてなproの利用料:600円~

(必要であれば)

  • ブログの教材やサポート代:2万円~

※上記の値段は大ざっぱなものです。実際は、種類やプランによって様々。

よく分からない単語が並んでいるので解説しますと、

ドメイン:直訳すると「領域」。このブログで言うとアドレスの(minimalo.net)の部分のことですね。アドレスの訳が「住所」ですから、ドメインとはブログの住所のとある区画(領域)のことを指しますよ。

この独自ドメインをもらうのにお金がいるんですよ。メールアドレスみたいなもんで、ウェブ上にあるいろんなサイトを区別するための記号といえます。

サーバー:これも和訳すると「給支人」ですが、コンピューターに関する意味では「各家庭のパソコンに情報を提供してくれるコンピューター」みたいな感じです。

ブログやサイトをお店に例えると、ドメインとは店の土地(区画)のことで、サーバーとはお客さんに料理を運ぶ給支人(ウェイター)のことですかね。

そうすると、店の主人がブログをもつ人(ブロガー)。店の建て物がブログそのもの。でてくる料理がブログの記事になりますね。

ブログの管理者が自分で記事を書くなら、お店の料理人ということになるでしょう。(この料理人をお金で雇うことも可能です)

作った料理を運んでくれる給支のバイトがサーバーに相当しますから、サーバーを借りるのにもお金がかかりますよ。

このサーバーが24時間働いて、ブログ記事を読者に提供してくれます。

無料ブログにおけるブロガーの立場

ところで、無料ブログの場合、ブロガーはどういう役割になるんでしょうか?

言うなれば、雇われたアルバイトの料理係という立場でしょう。タダで料理を作らせてあげるよと言われて、とある料理店と契約してせっせと調理をするのですが、売上は全てお店の主人に吸い取られてる状況です。

ブログにおいてはべつに時給もくれないので、無償で奉仕させられてる状態と言えなくもありません。

マインドコントロールされた新興宗教の信者みたいなものです。

無料ブログで書くとは、そういうことなのかもしれないです。

業者はランキングでブロガーを競わせて、飼い馬のごとく記事を書かせることに成功しています。読者からのアクセス数は麻薬のように作用して、もっと数字を伸ばしたいと書き手に夢中にさせます。

ここで私たちは落ちついて考えねばなりません。

一体、何のためにブログを書いているのか?

アクセス数やランキングで上位に行くためなのか?

そうではないはずです。

ブログを書くのはお金のためではないですか。

自分のブログのメディアとしての価値を、他人にゆずり渡すのはムカつくからですよね。

お金は時間と自由をくれます。広告で得られるお金を他人にあげてしまうのは、他人に時間と自由をあげてるのです。

それが目標であるにもかかわらず。

このブログはワードプレスです

なので、基本は有料のブログで始めてみることがおすすめです。

筆者はワードプレスを利用してるので、どのブログがいいかと言えば、やはりワードプレスになりますね。

はてなブログの有料版もアリですが、ワードプレスが一軒屋だとすると、はてなブログはマンションみたいなもんです。

お店で例えると、ワードプレスが自分の土地に自分で作った料理店、はてなブログ有料版が自分の土地でやってるフランチャイズ店みたいな感じでしょうか?

はてなの場合、買いた記事は自分のものですが、ブログそのものは『はてな』の所有物です。マンションやフランチャイズのお店はあまり自由に改造・改築はできません。建て物が自分のものではないからです。

つまり、見た目では独自性を打ち出しにくいのです。(といっても、十分なカスタマイズ機能は備えられてるようです)

一般にワードプレスのほうがカスタマイズの自由度が高いと言われています。『テーマ』というブログの着せ替え機能みたいのが備わっていて、自分の好みのデザインに構築することができますので。

はてなブログは『はてなブックマーク』という仕組みにより、他のはてなページから被リンクを得られやすいため、Googleの検索結果に良い効果があったり、はてなサイトからのアクセスが入りやすいという利点があるようです。

ただGoogleの検索のことで言うなら、そこで評価されるのはサイトの独自性付加価値になります。Googleはユーザーに価値を与えるオリジナルの情報を高く評価するそうです。

高品質なサイトを作る上でのガイドライン

グーグル公式ブログ
Google Webmaster Central Blog
  • Does the article provide original content or information, original reporting, original research, or original analysis?
  • Does the page provide substantial value when compared to other pages in search results?

※グーグルの公式ブログに掲載されてる内容ですが、ここではオリジナルのコンテンツ・情報・レポート・研究・分析があり、他サイトと比較したときに実質的な価値を与えているページかどうかを、考えてみましょうと書いてあります。

※この他にも、安全性、信頼性、権威性など、情報の品質を高めるいろんな項目が記述されています。

ワードプレスはデザインの自由度が高いブログですが、独自性の高い情報を扱おうと思ってる人は、ワードプレスが合ってるかもしれません。(でも、デザイン自体は情報のオリジナルさとは関係ないです。)

独自の情報に合った独特なデザインを着せることができるのがワードプレスというツールだと、筆者は認識しています。

独自性を評価するGoogleの方針で考えるなら、ワードプレスが適切なブログだと言えます。

まとめ

ワードプレスは一見、お金のかかる節約にならないブログにも思えます。

しかし、そこには無料ブログにある広告メディアの収益構造が関わっていました。

ただでブログが書けるけども、自分の記事のもつ価値をブログ会社に無償でゆずり渡していたのでした。

それなら、ちょっとお金はかかるけど自分で所有できる記事メディアで書くほうが、長期的にみるとお得な選択です。

安いものに罠がある可能性に注意しましょう。

節約はとにかく安いものを選べばよさそうに考えがちですが、時に投資をすることも必要です。

それは、お金をかけないことで後に得られる利益まで手放すかもしれないからです。

有料ブログのほうが未来に良いです。

節約も似たようなところがあって、小分けにしてちょこちょこ買うよりも大量のものを選ぶほうが、長期的にみるとお得になります。(500mlのペットボトルよりは2Lの飲料を購入するのが、断然お得になるように)

初期投資の一番大きそうなワードプレスですが、自分の所有するメディアで独自性あるコンテンツを発信するなら、ワードプレスが最善の選択です。

趣味の範囲で日記として用いるとしても、ブログに広告を貼っておけばドメイン代とサーバー代を稼げるので、無料ブログより損することもありませんし。(もちろん、収入が0円のブログなら損するのですが。)

以上、ブログにかかるお金と投資の考え方について書きました。参考にしていただければ幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。