小麦粉が皿にこびり付くと意外にガンコだったので、重曹で落としてみた。

どうも、パンケーキが大すきなマサヒロです。

私は節約パンケーキをほぼ毎日食べているせいで、とにかく小麦粉を料理に使うのですが、じつはこの小麦粉使ってすぐに洗わないと皿にくっ付いて取れなくなるため、非常に厄介です。

かくいう私も、使った皿をすぐに洗わずに放置しとくクセがあるため、あとで小麦粉がくっ付いて取れなくなるという面倒な状況にしょっちゅう陥るのです。

食事のあとはなるべく早めに食器を洗ってしまったほうがラクなのですが、毎日の作業なのでとうぜん忘れてしまうこともあるわけです。

私たちはキカイじゃないので、毎回そんなに規則正しく家事なんてこなせないんですよ。のんびりスマホをいじってたら、そのまま洗い物のことをすっかり忘れていたりってこともあります。

そして、固まってしまった小麦粉というのが、意外ととれないんです。スポンジに洗剤をつけてゴシゴシこすっても、なかなか落ちない……。

地面にすてられてはり付いたガムじゃないんだから、そんなに固くならないでよ。と言いたいくらいに、カチカチになってとれない。

粘土を固めると土器になるように、たぶん小麦粉を固めれば鎧が作れますよ。それくらい、しつこくて取れない。ストーカーみたいに粘着質。

洗剤でもとれない小麦粉の固まりを、一体どうすればラクに落とせるんでしょう?

答えはありますよ。重曹です。

今回は、重曹を使って固まった小麦粉を手軽に落としてみたので、それを記事にしましたよ。

よかったら、参考にしてみてください♪

固くなった小麦粉も重曹で落ちる。

その壁のシミ、諦めてませんか? 驚異の重曹パワー。の記事でも、クリーニングの業者が落とせなかった壁紙のシミを重曹でキレイにしたのをご紹介したのですが、今回は洗剤でも落ちなかった小麦粉の固まりに挑戦してみようと思います。

100円ショップ『ダイソー』の重曹

使うのは相変わらず100均のダイソーで買った重曹。

小麦粉と重曹

画像だと分かりづらいですが、ちょこちょこ小麦粉がくっ付いてるお椀。洗剤で洗っても落ちませんでした。

重曹の粉を適当に入れておきます。お椀の底にたまってるのが重曹です。(小麦粉と重曹がどちらも白色なので、見分けがつきにくくなってます。小麦粉はお椀の縁や側面にくっ付いてます。)

あとは、水で濡らしたスポンジで軽くこすります。やることは実際それだけです。

どうなったでしょうか?

重曹でキレイに小麦粉が落ちた。

ふつうにキレイに落ちました。(光が反射して白く見える部分がありますが、小麦粉はキレイに落ちております。)

この記事を書く前に10分くらい食器用の洗剤で格闘しております。あの努力はなんだったのか……。

重曹は固まった小麦粉もカンタンに落とせることが分かりました。

やっぱり、重曹はすごかった。

キッチン回りや部屋の壁紙、茶渋おとしなど広い用途で使えるので、なるべく一家に一つ常備しておくとよいです。ホントに使えます。

ただの炭素と水素とナトリウムがくっ付いてるだけの粉です。化学構造はいたって単純なのにフシギです。なんで、こんなに使えるんでしょう?

みなさんも、パンケーキを食べすぎて小麦粉が皿にくっ付いたときは、ぜひ重曹のことを思い出してください。魔法のように、キレイにしてくれますよ。

まとめ

重曹はとにかく、洗剤でもなかなか落ちない汚れをキレイにするのに役立ちます。

ちからも要らないので、軽くこするだけでOKです。

結局、掃除が上手いかどうかなんて知ってるか知らないかの違いだけなのかもしれません。

努力や筋肉や才能では、掃除はできません。

何をすれば効果があるのか、それを知ってる者が勝ちます。情報をもってるやつが、掃除のセカイでは強者になります。

それは節約と同じなのです。お得な情報を集めて、自分にとって長期的にプラスになるものを選ぶだけなんですから。

掃除も節約も、知ってるか知らないか。やることは、いたってシンプル。

手間と労力を削減して、余った時間を自由に使えますよね。スマホをいじったり、ブログを書いたり、勉強したりもできますよ。

節約は未來への投資につながる。だから、情報は大事。掃除にあなたの大切な時間を奪われるなんて、ムダじゃないですか。

ラクに固くなった小麦粉を落とすには重曹があるよ、ということを頭の片隅にでも置いといてもらえれば幸いです。

の記事も参考になるかと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。