野菜は皮ごと食べると健康に良い? ジャガイモと玉ねぎの超絶カンタン味噌汁。

どうも、野菜が大すきな健康オタクのマサヒロです。

野菜って栄養がたくさん摂れて、食物センイのおかげで生活習慣病の予防になったり、太りにくくしてくれたりとイイことがいっぱい。

できれば毎日食べたいところだけど、最近野菜は値上がりしているし、調理するのもけっこう大変。良いものなのは分かるけど、ついつい野菜を摂ることをサボりがちになってしまいます。

ハンバーグの隣りにあるジャガイモやニンジンを、おいしくないからって残してしまう人も多いのではないでしょうか?

筆者の場合、調理のさい野菜の皮をむくのが面倒くさくて、あまり使いたくない食材でもありますよ。皮むき器でがんばって皮を取っても、その皮が今度は生ゴミになるし、放っておくとムシが湧くしで小まめにゴミ捨てに行かないといけません。

こんな面倒な野菜を嫌いになってしまうのもムリは無いでしょう。しかし、抜け道はあるものです。

どうもネット上の情報によると、野菜は皮ごと食べられるんだとか。

皮つきの野菜を食べても健康に悪いことはないし、むしろ皮に栄養がいっぱいなので、むかずにそのまま調理に使うのがいいそう。

皮をむく手間も省けるし、生ゴミもでないので、時間と労力の節約にもなります。何より、野菜をムダなく食べることで食材を捨てる量を減らせるから、経済的だし環境にもよさそう。

でも、本当に皮ごと野菜を食べても問題はないんでしょうか? その疑問を解消するべく、筆者はこの1ヶ月ほど皮つきの野菜を食べつづけてきました。

今回は、皮ごと野菜を使った超絶カンタン味噌汁を作ってみることにします。実際に食べてみて味の感想も書きますので、よかったら参考にしてみてください。

みそ汁というと面倒くさそうなイメージがありますけど、これはすごくカンタンです。インスタントのみそ汁とさほど変わらないですよ。

皮つき野菜で味噌汁を作る。

皮つきの野菜

ジャガイモを1個と玉ねぎを半分、用意しました。

大きいジャガイモであれば半分でもかまわないと思います。これで、みそ汁2杯分は作れます。

皮つきのまま水で洗ってあります。後ろにアルミホイルの丸めたものが映ってますが、土が付いてる部分やちょっと色が黒くなってるところは、アルミホイルでこするとキレイに取れますよ。

タワシでもいいかもですが、アルミホイルでもちゃんと機能しますね。皮つきのままでも、これでけっこうキレイになります。

つぎに、野菜をざっくりと切っていきます。

皮つきの野菜をざっくり切る。

本当にざっくりと切るだけです。自分の食べやすい大きさに。といっても、ある程度小さめに切ったほうが火が通りやすくなるので、光熱費は多少節約できますけどね。(まあ、みそ汁の光熱費なんて、10分加熱したところでせいぜい4円とかですけど。3分だけ熱してあとは余熱で温めても、おいしくできます。コンロのワット数によっては、1円以下になりますね。)

切った皮つき野菜を熱する。

鍋に水を入れて、切った野菜を入れます。水が沸騰するまで待ちます。やることはとくにないです。

味噌とワカメを入れる。

味噌を適量入れます。適量ってどのくらいなんだと私はいつも思うのですが、水の色加減がみそ汁っぽい色になれば十分ですよ。(私は大さじ小さじなどの器具を使わないので、ティースプーンで大もり2杯ほど入れてますよ。)

乾燥ワカメ

乾燥ワカメがあると便利です。袋から出して入れるだけで、勝手に水分を吸って大きくなってくれます。少量でもワカメが膨らむことでボリュームがでるので、一袋あると長く使えて手間がかかりません。

流れをおさらいすると、

  • 野菜を水で洗ってアルミホイルなどで少しこする。
  • ざっくりと切る。
  • お湯を沸かして、野菜・味噌・乾燥ワカメを入れる。

これだけですね。みそ汁なのに、だしは取らないの? と思うかもしれないですが、玉ねぎからもだしを取れるのですね。面倒くさいときは、玉ねぎのみそ汁が手間なしでラクですよ。(賛否両論はあるのですが、今はだし入りの味噌も売ってるので使うと便利です。いちいちみそ汁をだしから作ってられないという人は、時短になってお手軽。)

皮つき野菜の味噌汁の完成。

完成しました。皮ごと使った玉ねぎとジャガイモの味噌汁です。

玉ねぎは手軽にだしが取れるので便利な野菜。ジャガイモはかさ増しに役立ってくれる高コスパな食材。ビタミンCも豊富ですよ。

玉ねぎの皮にはケルセチンというポリフェノールが含まれ、その高い抗酸化作用により酸化ストレスが原因となる生活習慣病の予防や抗老化に効果がありますよ。

ジャガイモの皮にはビタミン、ミネラル、食物センイが含まれている反面、皮が緑色に変色してる場合は毒素が作られているため要注意です。芽が生えてくると毒を含むため取り除く必要があるのですが、皮が緑色になってる部分も同様に毒素があるため、取り除きましょう

そこだけ注意するのですが、やる作業はいたってカンタン・シンプル。お値段は全部で40円ほどになります。松屋でみそ汁単品を頼むと、ワカメと油あげの入った汁が一杯60円で提供してもらえます。

ジャガイモと玉ねぎの入った具だくさんのみそ汁が2杯分で40円なので、単純にコスパは3分の1になります。野菜が入ってるぶんコストは高くなるはずなのに、やはり自炊のほうが安くなるようです。

その原因はようするに、人件費となります。アルバイトのやる作業は合理化されていてけっこう単純なのですが、自分でやらずに人にしてもらう習慣によって払わなくていい費用まで出すことになります。

原価は安い。作業もラクでカンタン。時間も手間もいらない。ただ、それを人にやらせることで多くの金を失うという現実。働きすぎて疲れてる日本人が多いのは、そんなところに原因があるのかもしれません。

コストを下げる方法を知らない。それが、たくさん働かなきゃいけない理由になっている。お金を残すには、稼ぐか削るかの2パターンがありますよね。稼ぐのは実力だけでどうにかなるもんではなく、運とかセコい手段が必要だったりもしますけど。

削るほうは、誰でもやれば結果が出せるんですね。節約は努力を裏切りませんから。コストを下げるとは、余計な人件費や運送費や土地代といったものにお金を使わないということです。

その単純なことができれば、お金は必ず生まれるんですね。しかも、今の時代の節約はせこせこ・ちまちまやるもんじゃなくなっています。貧乏くさい節約はもはや時代おくれになっているんですよね。

現代の節約の定義とは。安くてラクで、カンタンで早い。その上、健康的で優雅であるべきです。(筆者がかってに掲げてる定義ですけどね!)

今回の皮つきお味噌汁。まさに、安くてラクですし、カンタンで早くて健康的です。それで、肝心のお味はどうなんでしょうか?

これでマズかったら、ぜんぜん優雅じゃないですもんねえ。今を生きる民は、節約もスマートにやらんとね。

それで、実際に食べてみました。

皮つき野菜のみそ汁、味の感想。

まず思ったのが、玉ねぎのいちばん外側の皮がけっこう固い。(笑)

黄色っぽい皮にはケルセチン(抗酸化物質)が豊富に含まれてるのですが、食物センイも多いだけになんかコピー用紙を食ってるみたいでした

センイ質が豊富だとさすがに固いですね。ヤギじゃないんだから、食べれないし消化もできませんよ

といっても、玉ねぎの皮は(健康情報に詳しい人は)けっこう食べてる人もいるみたいで、食べ方が悪かったかもしれないです。というか、皮をミキサーで粉末状にしてお茶にして飲むのが多いみたい。皮ごと食べるレシピもあるようだけど、やっぱり玉ねぎの皮は固くて料理には使いづらいっぽいです。

少なくとも、もうちょっと細かく刻んで火を通すのがいいかもしれません。ミキサーで粉末にするって言っても、うちにはそんな機械ないしなあ……。ナイフでみじん切りにして細かくする? 自分は不器用だから、手を怪我しそうだ……。(そのわりには自炊をつづけてますけどね。)

とりあえず玉ねぎの皮はけっこう固いので、細かくする工夫が必要。その手間を惜しまないなら、玉ねぎは皮ごと食べられる。生ゴミも出なくて経済的。

ちなみに、ジャガイモのほうはおいしく食べれました。皮ごとみそ汁に入れて、何ら問題はなかったですね。サツマイモなども皮ごと食べるほうが栄養になるように、ジャガイモも皮つきのままで全然いけますよ。

玉ねぎのだしは、和風の素朴さというよりは玉ねぎの辛さと甘さが溶け合って、すこし中華風に近づきますかね。カツオや昆布のだしとはまた違った味わいになります。玉ねぎ自体にオリゴ糖が含まれてるので、甘みがあります。オリゴ糖は腸内のビフィズス菌のエサになって、腸内環境がよくなり血糖値の上昇を抑制してくれるということです。

太りにくい体質になって、美肌にも効果的ってことです。

オリゴ糖自体は吸収されることがないのでカロリーは無く、腸内の善玉菌を増やすエサになります。ジャガイモと同様コスパもいいので、毎日でも摂りたい野菜です。

そんなわけで、味の感想としては玉ねぎの皮が固いモンダイを解消できれば、ぜんぜん美味しく食べられると思います。やっぱり日本人はみそ汁がいいですね。

今度は玉ねぎの皮を何とか食べやすくするラクな工夫を考えつつ、皮つきの料理に挑戦してみようと思います。

まとめ

いやあ、おいしいはおいしいんですが、玉ねぎの皮はそのまま食べちゃダメですね。

私は普段、ジャガイモや大根、ゴボウ、人参など皮をむかずに食べるようにしてるんですけど、健康上はなんら問題は起きてないですね。いたって元気に生きております。

ふつうの野菜は皮ごと食べてもおいしくいただけます。

しかし、玉ねぎの皮はダメでした。固いし、コピー用紙を食ってるみたいですもん。そのまま食べたらいけないやつでした。

野菜がいっぱいなので、ボリュームはあります。汁物なのに、お腹は膨れますよ。栄養も言うことなし、すごく健康的です。

そんなわけで、皮ごと野菜の味噌汁の紹介でした。玉ねぎの皮は注意しましょう。食べられるけど、細かく刻まないと人間にはムリです。ヤギなら大丈夫だけど……。

ダメ記事っぽくなってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。