100円でお腹いっぱい、トマト・ソーセージパスタ!

どうも、イタリア料理ってなんかオシャレですよね。イケてる感じとでもいうんですか。昼ごはんはとりあえずイタリアン食ってれば、人生を楽しんでるっぽいですもん。

その横でコンブのおにぎりと緑茶を食べてたら、なぜか負けてる気がしてきますし……。日本食だって立派な文化のはずですが、この敗北感はなんなのでしょうか?

でも、おしゃれなレストランでパスタとかを食べるにしても、けっこうお高いものです。一人分を注文して1000円くらいはするんじゃないでしょうか? 一食で1000円って、いくらイタリアンがカッコよくてももう少し抑えたい出費です。

庶民が賢くおしゃれにイタリアンを楽しむには、どうすればいいんでしょうか? 今回は、手間なしで作れる100円パスタを紹介していくよ。

パスタの原価は60円?

レストランで注文すると1000円くらいするパスタですが、その原価はかなり安かったりします。

小麦粉がそもそも安いため、ほとんど具材を使わないペペロンチーノなんかだと原価は60円なんだとか。たしかに、小麦粉はお米に比べるとだいぶ安いですから、和食よりも原価はかからないことが多い。

こむぎ粉自体が安いってことは、パンやうどん、ハンバーガー類も安く作れることになります。スーパーなんかに行くと、たしかにやたら安いあんパンとか食パンが置いてある。

原価が安いパン類は、探すとすごくお得な商品があったりする。

アンパン

パスタって、5個入り108円のあんパンと同じ素材ですからね?

ペペロンチーノを一人前で600円としても、同じこむぎ粉商品のあんパンを5個×6袋=30個くらい食べられますね。

なぜ、あんパンがパスタになると、こんなに値段が上がってしまうのか?

それは人件費や場所代など〃パスタを作る以外のお金〃がたくさん掛かってるからですね。結局、自分で作れば余計な費用を払わなくていいってことになるんです。

面倒くさい……?

たしかに、自分で作るのは面倒くさい。でも、パスタはどんな不器用でも作れるくらいにカンタン。わりとカップラーメンの延長みたいな感じでやれます。もしくは黄色いそうめんだと思えばいい。

つまり、本来パスタは時間をかけずにラクに調理できる高コスパ食材だったんだな。

こむぎ粉なので安い。調理もそうめんくらいラクだし早い。その上、おしゃれでカッコイイ。

お金をかけずに、イケてる国際人になれるじゃない。料理ができるイケメン男になるには、パスタを作ればいいってことだ。

実際に作ってみたよ。

業務スーパーのパスタ500g

業務スーパーで売ってるパスタ麺、500g87円。デュラム小麦のセモリナ。原産国イタリア。

多めに200g(約35円)くらい使います。これで2皿分作れるので。

業務スーパーのトマト缶

業務スーパーで売ってるトマト缶。400g(うち固形量240g)、59円。原産国イタリア。

これを一缶の3分の1ほど使います。お値段20円。

タッパーに入れて保存。

缶に残ったのはタッパーに入れて、冷蔵庫で保存するよ。缶のまま保存すると化学物質が溶け出してくるので、別の容器に移さなきゃいけないらしい。

業務スーパーのフィッシュ・ソーセージ

業務スーパーで売ってるフィッシュ・ソーセージ。5本束、375g(一本あたり75g)で、158円(一本あたり約32円。)

ソーセージはちょっと多いけど1本まるまる使っちゃいます。半分くらいでも十分足りるけど、中途半端に残しても面倒くさいですから。

あとは、お好みでタマネギを入れたり、魚肉ソーセージを豚肉に変えたりと別のバリエーションにするのもアリだ。

トマトをフライパンで炒める。

お湯を沸かしてパスタを入れとけば、カップラーメンと同じで柔らかくなる。トマトとソーセージをフライパンで炒める。(小麦粉を使用した食材は底にくっ付きやすいので、アルミホイルや油を敷いておくと後で洗う手間が省ける。)

パスタを絡める。

パスタを絡める。

トマトパスタ

味を整えるためにしょう油を少し垂らせば、絶品イタリアン・パスタが完成☆

お値段は87円。他に野菜を追加しても、一食100円ほどで収まるよ。ボリュームも十分だから、満足感もちゃんと得られる。

イタリア料理店でパスタを食べれば、1000円くらいはするおしゃれランチ。だが、10分の1の値段で同じ(ような)ものが作れるんだ。

それは、ムダな人件費や場所代に金をかけず、ちょっとした手間を自分で行うからなんだよね。すると、10分の1。

これが、節約。

ちまちま数円の出費を減らす工夫も大事ではあるけど、それをやると人間が疲れてしまう。そして、何より面倒くさい。

どこにムダなお金がかかってるのか原理を知れば、手間も時間もかけずにコストを減らすことができるのだ。

お昼はイケてる男を目指すならイタリアンで決まりだよね☆

安くてラクで、カンタンで早い。そして、おしゃれでイケてる。これが今回紹介した節約パスタなんだ。

普段外で買って食べてるものを自炊にするだけでも、だいぶコストを下げられるから、気になった人は少し面倒でもやってみてくれ。

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。