ストレスは一番の敵だから、減らしたほうがいい。

どうも、絶賛ストレス蓄積中のマサヒロです。

タイトルにもあるとおり、ストレスが日常生活を送る上で一番よくないものだなと思ったので、その理由と撃退法を書きます。

私はいまも、日々ストレスに悩まされてるんで、本当に困ってます……。

ストレスと溜めるデメリット

私の場合、とにかく周りの人間関係で悩まされることが多いんですよ。

心理的な平安を得ることができない毎日で、癒しに飢えてるところです。生きてて学んだのは、人間となるべく関わらないほうが良いってことですよね。

世の中、人とのコミュニケーションが大事だの引き篭もりは悪だの、社会性の無い人間はダメみたいな空気がなぜかありますよね?

これ、私は逆だと思うんですよ。世の中には非常識だったり頭がちょっとおかしい人間があふれてますよ。まともに普通のコミュニケーションが取れない人ばかりですから。家族にしても、友達にしても、職場の人間にしてもだいたいヘンな人しかいなくないですか?

おかしいことを素直におかしいと思うタイプの人は、冷静に周囲を観察してみると、べつに周りに常識的な人間もコミュニケーションが上手な人もあまりいないなと気付くんではないでしょうか。

自分だけなんですかねえ? 偏見に満ちた親とか、抑圧的で視野の狭い教師、パワハラ・モラハラが当たり前の職場……。そこら辺を歩いてる人を見回しても、表情が薄くてロボットみたいな人がたくさんいたり。

現実ってそこまで人間的な交流のある社会じゃないんですよ。田舎では密なコミュニケーションとかもあるかもしれないですが、都会のほうは必要以上に関わらないのがスタンダードであります。

コンビニの店員だって、ムダに親切な接客なんてしないじゃないですか。無表情にやることだけこなして、淡々と「ありがとうございました。」とか最低限の言葉をかけるだけです。接客業でありながら、なるべくお客さんと関わらないようにしてます。そのほうが、お互いに安心できる側面もあるでしょう。

どんなに親切に接客をしても、人間同士だと結局気を使ったりして疲れます。最初からなるべく関わらないようにすると、余計な気を使わなくて済むのでお互いにラクです。コンビニを含め接客業でわりと無表情な店員が多いのは、そういう理由もあるんではないかと。積極的に絡まれても、うっとうしいという。

無理に話をしたところで、共通の趣味があるとも限らないし、対話する相手が常識ある人物とも限らない。下手すると、他人を否定してばかりで一緒にいるとストレスの溜まる人間かもしれないというか、その可能性はけっこう高かったりします。実際多いです、なんか他人に攻撃的な人。たぶん、その本人にストレスが溜まってるんでしょうけども。

そんなわけで、ストレスを溜めないためには、無理に人と関わらないことだと最近気づいたわけです。理想というのは、現実にはなかなか無いです。話せば分かり合えるはずだと信じて話をしてみても、一向に理解し合えない人間というのはいます。合理的に自分を守る方法が、人となるべく関わらないってことなのです。

で、ストレスを溜めるとどうなるかというと、心が落ち着かないので短気になります。イライラしやすくなるので、ゆったりと余裕をもって生活するのが難しくなってしまうんです。冷静に思考するゆとりが無くなり、長期的にものごとを考えることができなくなります。

私の場合ですと、半年とか一年というスパンで計画を立てるのが困難になりますよ。とにかく、今のストレスや不安材料を減らしたいと思ってしまい、わりと先のことを考える余裕をなくしてしまう傾向にあります。ブログにしたって、最低でも半年は続けるつもりで始めたわけですが、ストレスがあるとこの作業を大変に感じてしまうんですね。何か勉強をするにしても、半年とか先を見て計画を立てると思うのですが、ストレスのせいで今のことにしか意識が向かないとなると問題です。

ストレスで、未来のための投資を怠けてしまいます。

これは、もはやコストと言っていいでしょう。精神の不安やストレスを溜めることは、多大な損失を生むといっても過言ではない。

ストレスは撃退しなければならない、敵とすら言えます。

では、どうやってストレスを撃退すればいいんでしょう?

ストレスの撃退法

これについては、今までいろいろと試してきました。

ストレス溜まると、日頃のタバコの本数が増えるんですよ。タバコも少量ならたいしたコストになりませんし、健康への問題もそれほどないはずなんですが、たくさん吸ってしまうと金も健康も失うという損な状況になってしまいます。

私がやってきたのは、あまり参考にならないものもありますが、書いていきます。

まず、タバコ吸ってる時点で、タバコがいちばんストレスを和らげる効果を自覚してます。とにかく、安心するんですよ。ゆったりと呼吸する効果も含まれてるかもしれないんですが、実際にタバコを吸ったほうが効果が増すような実感があるんで、これが最強のストレス対処法かもしれません。じゃあ、タバコは良いものなのかというと、結局けっこうお金がかかるという意味でも良くはありません。

これは、今ストレスで死ぬくらいなら、タバコを吸ったほうがいい。

というレベルの対処方法です。即効性がありますし、ストレスは確実に減りますから、ストレス自殺する前にタバコを吸って精神の平静を取りもどせば、まだそっちのほうが健康的ですよ。という意味で書いておきます。

現代は仕事で過労死する人もいるくらいのストレス社会ですから、死ぬくらいならタバコを吸ったほうがいいですよ、と筆者は言いたいのです。

テレビを見たり、ラジオ・ネット・本などを視聴、読むこともかなりリラックス効果を実感してます。現実を忘れ、自信を取りもどすような内容のコンテンツに触れるのが大事です。自信を失うと、どんどんマイナスな考えが浮かび、疲れやすくなっていきます。自信を回復すると、それだけでけっこう元気になるものです。楽しい趣味の時間をもつのが、ストレスを消し飛ばすのに効果があるようです。

ストレスの原因から離れる。職場や周辺環境がストレスの主原因となることは、私の場合多くあります。実家もそうですし、近所のスーパーもやたら店員がでかい声だしてるんですよね。周りの環境のせいで死にそうなくらいだったら、もう離れるしかないと思ってます。職場がおかしすぎて辞めたこと、実際に何度かあります。まあ、離れて他に行っても、たいがい次の職場もおかしい所だったりで解決しないこともあるのですが。

ですが、とにかく諦めずに死ぬ前にその環境から逃げる。これを強い意思をもって実行しております。よく、学校や会社のイジメなんかが問題になりますけど、そういうのって教師とかに言っても解決しないことが多いですよね。問題は無視されて、闇に葬られる。そして、イジメられる方にも原因があるとか訳の分からない理屈で、被害者が悪者にされるわけですよ。

日本社会はこういう異常性があるので、とりあえずイジメやストレスで死ぬくらいであれば、まず逃げる。それしか自分を守る方法はないと思うんですね。周りの人は味方になってくれませんので、自分で身を守るしかないと考えてます。

言っても解決しない問題に悩まされつづけると、確実に精神の調子が狂いますから、どうやって平静を保てばいいか考えないといけないわけです。

耳栓+イヤーマフ。これは、音に悩まされてる状況では、快適な環境を手に入れるのに役立ちます。私も実際に使用してるくらいですから、効果はあります。けっこう周りの物音が異常にうるさいことが多いんですよ。家のすぐ近くで工事を始めて、ドリルの音がギィーギィー鳴ってたりしますし、あれはホント精神のバランスが崩れます。自然にはない人工音って、すごく不快に感じるものなんですよ。人類の進化の中で、自然に聞くことのない音なので、それを毎日聞かされつづけることに耐性が備わってないはずなんです。しかも、音は自分の意思に関係なく、強制的に聞かされるものなので拒否することもできません。

音がストレスになる場合、遮音対策をするしかありません。耳栓だけですと、音をすべて遮断できません。また、イヤーマフだけでも、そこまでの性能は無かったりします。両方セットで装着したほうが、効果が高いようです。Amazonで2つとも注文して、毎日付けて生活してるくらいですよ。これでも、24時間付けてるわけではないので、たまにヘンな音が聞こえてストレスになるくらいです。

もはや、これらのアイテムがないと、自分は生きてないんじゃないかとさえ思えますよ。ストレスに晒されつづけると、人間はおかしくなります。日本は自殺者が年間3万人の国ですからね。過労死するニュースが報道されてたり、そういう意味でも日本はけっこう異常にストレスが多い国です。これをいかに減らして生活するかが重要なのは、言うまでもないでしょう。ストレスははっきり言って、コストです。

長期的にみて、人間の未来をつぶす力は普通にあります。ストレスを減らして日々生活を送ることが、ゆくゆくは財産になると思いますよ。冷静な思考を保って生きられるなら、長期的な計画も立てやすくなりますから、目先のことだけに意識を囚われずに自分に得になる選択ができるようになります。自分を守らないと、誰も守ってくれないので、まずはストレスを減らしましょう。

ストレスは現代において、コストです。

最後に、ちょっと変わったストレス対処術を紹介します。それは、おまじないです。科学的ではない、いたって迷信に頼った方法なんですが、これが本当に効果があります。文字や言葉、図形には波動があるらしいです。私はスピリチュアルな能力はありませんので、実際に波動とかいうのを感知できたりしませんが。

しかし、やってみると、本当に効果があるのであながち嘘でもないようです。よく『人』の字を手のひらに書いて飲み込むと緊張がほぐれるとか言われますが、あれの類だと思っていただければいいです。私がやってる方法は、手のひらに『∞』と3回書くという方法ですが、なぜか気分が晴れやかになってきます。

信じる信じないは個人の自由でありますが、こういう真偽がはっきりしない情報もネットだからこそ発信できるのかなと思いますので、あえて紹介することにしました。私はスピリチュアルな人ではないです。ネットでそういう人のサイトを見て、紹介されてる方法を読んで試してみただけの一般人ですよ。私も最初は、疑って信じてませんでしたしね。これは、自分でやってみて効果を確かめるしかないです。人に説明しても、普通は信じてもらえません。

いかがでしたでしょうか? ストレス撃退法として、ちょっとマイナーなものも含め紹介しました。あまり参考にならないという意見もでてきそうですが、私が実際にやってる即効性のあるものだけを書いてるので、効果があることは保証するのですが、実行に移さなくてもべつにいいんですよ。

こんな方法を実行しなければならないことが、そもそも異常なわけですから。ストレスに悩まされずに生活できるなら、それが一番いいことです。そういう環境は財産ですらあるので、ぜひ大事にしてください。財産に恵まれてない人は、こういう方法もあるんだと思って、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。