スーパーでバイトしてた時の話をするよ。

どうも、ブラックなスーパーでバイトをして、酷い目に遭ったことがあるマサヒロです。

節約というと衣・食・住を含めいろんな種類があるけど、普段から一番気を使うのはやっぱりスーパーでの買い物なんですよね。日々の食事に直接かかわる部分だし、家事全般において最初にやるのがスーパーで道具を買うこと。

主婦だけでなく、一人暮らしの学生やずっと家にいるニートも、家に関わることはやらなきゃいけない。嫁や彼女がいるリア充は家事をやる必要はあまりないかもしれないけど、そういうのは別にどうでもいい。このブログを読む必要はないので、今すぐに出ていってくれ。

家事をやる必要のある人は、スーパー行くよね? 今回は私がスーパーでいかに商品を安く買ってたのかを過去の実体験からお話しするよ。

とりあえず一番カンタンなのは、閉店間際にスーパーに行く。(ただし、お勧めはしない。)

節約は理論だけでできるもんじゃない。いろんな情報メディアでこうすれば○円お金が浮くよって説明してるけど、実際にやらないんだよね。

それは、面倒くさいから。

面倒で細かいことはつづかないから、シンプルな方法が結局いい。だから、スーパーで買い物する時は閉店するちょっと前に行くといい。

お弁当や惣菜がだいたい1~3割引きで売られている。売れなかった弁当類というのは、賞味期限が過ぎてしまうものは捨ててしまう。

だが、捨てたところでスーパーの利益にはならないので、なるべく安く売ろうとする。経済の原理からして、当然そうなる。

安売りを始めたところで店に買いに行くという、古典的な買い物術です。でも、この節約法って本当にだいじょうぶでしょうか? ちょっと体に悪そう。衛生上、心配。そう思うのが普通だと思うんで、そこらへんの事情についてもうちょっと説明していくよ。

スーパーに来るお客からのクレーム

基本、大手のスーパーであれば客からクレームが来れば、丁寧に対応するもんです。バナナが腐ってるだの、店員の態度が悪いといったことでも、とりあえず平謝りしとくんですよ。お金をくれるお客様なので。

で、苦情というのはわりとちょくちょく来るんですけど、閉店間際の弁当の質が悪いとか食って腹が痛くなったとかいうクレームは、私がバイトしてた時は一件も来てなかったですね。(だいたい、8ヶ月ほど働いてました)

現代では、店が売った商品でお客が食中毒にでもなれば、かなり社会的な問題になるので売る側も(味はともかく)衛生面には気を使っていますね。賞味期限がその日に切れてしまう食品は、すべて捨ててしまいます。お客さんに安全で美味しいものを食べてほしいとかそういう心はとくに持ってないと思います。単に、クレームが来ると面倒くさいからってだけです。

実際、スーパーのお弁当や惣菜は味がよくないものもけっこうある気がします。一番良いのは自炊することなんですが、それも面倒な時がありますからね……。商品の味に関しては、正直当たり外れがあるので自分でよく観察して見極めるしかないところはあります。

ちなみに、私もスーパーが閉店してから売れ残りの安い弁当を毎日買って帰ってましたが、普通に大丈夫です。健康上、何の問題もありませんでした。

賞味期限すれすれのスーパーの弁当や惣菜を過去にほぼ毎日食ってた自分は、身体的に何か不具合が起こるということは一切ありませんでした。不思議なものですね。週に5日の頻度で売れ残り弁当を一食分たべて、特に何の問題もなかったです。

ただ、この方法は弁当類や野菜にしか使えないので、種類が限定されてしまいますし、やっぱり売れ残りの食品を安いからといって買っていくのは、どうしたって不安になるもの。

だれにでもお薦めできる節約法じゃないです。というか、筆者はお勧めしません。結局、スーパーの売れ残り食品がほんとうに安全かなんて分かりませんし、不安に思うくらいであれば手を出さないほうが精神的にも良いですから。

このブログでは、単に以前バイトしていたスーパーで、売れ残りの弁当を毎日食っても大丈夫だったよ。という事実を紹介するのみです。読書さんに同じように真似して金を貯めるべきだ、とか言うつもりはないです。

スーパーの特売日を知れるチラシ・アプリが便利だよ。

もう少しマトモな節約術はないのかとツッコまれそうなので、少しはまじめにネタを紹介していきましょう。

スーパーで安く買い物をするなら、『特売日』を知ることが一番手っとり早いです。大体、何曜日は安いとか「8」の付く日は割引きになるとか、定期的にお得な期間というのがやってきます。スーパーにしょっちゅう行く主婦なんかは、チラシに目を通して安い日を把握してるもんでしょうけど、男だとスーパーのチラシなんか普段もち歩かないので、いつ何が安いのかを知る機会が少なくなります。

スーパーでは、独身の男など圧倒的な情報弱者になってしまう可能性が大きいですよ。かといって、電車とか職場でチラシ眺めてるのもアレですしね。独身男にも便利なツールがありますよ。

チラシ・アプリ

 

チラシ・アプリです。

上の画像は私のタブレット端末に入ってるアプリで、ようするにスーパーが配るチラシをスマホ・タブレットで見れます。しかも、チラシが更新されるたびに端末に届けてくれるし、近所のスーパーのチラシをまとめて保存しといてくれるから、店ごとに価格を比較することもできますよ。

これだと、近所のお店でいつどの商品が安いのかを、すぐに知ることができますね。アプリの中でお得になるクーポンを配布してたりもするので、とりあえずダウンロードしておいて損はないです。

紙のチラシより圧倒的に便利ですし、節約にも役立ってくれます。

シュフー、トクバイ、またスーパー独自のアプリもあるのが分かります。どれか一つでもあれば十分だと思いますが、『Tポイント×シュフー』というやつはチラシを1日2回みるだけで、1円×2回=2円分のTポイントをもらえる特典があります。

2円くれるからどうなんだという気はしますけど、チラシをクリックするだけで1円になるのはとっても楽です。カンタンなところが、良い。

Tポイント×シュフーの使い方サイト

普段Tポイントを利用する人はちょっとお得になりますよ。

ただこれは、2円くれるから節約になるとかいうケチくさい話ではなく、このチラシ・アプリを活用して日々の食費を減らせることがあくまで大事。本質は、特売日の情報を効率よく手に入れて、ムダな出費を減らすこと。

シュフーの2円ボーナスは、電子チラシの情報を得るきっかけくらいに思っとくのがいい。この2円のために、毎日せっせとチラシ・アプリを起動するのは得になるとは言えない。

アプリを自分のペースで賢く使って、お得になる情報を効率よくゲットしていきましょう。

今回はチラシ・アプリを活用して、食費を節約できるよ。というお話でした。あと、売れ残りのお弁当は意外と大丈夫だよという体験談でした。

ここまで読んでくれてありがとうございました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。